【解説】シミに効く美白成分8種類とオススメ製品紹介!

ヘルスケア

透明感ある白い肌になりたい! 美白になりたい!でも、美白化粧品って本当に美白に効くの?

・・・そう思っているアナタ!!

医薬部外品で美白有効成分と表記される成分は、

メラニンの生成を抑制し、日焼けやダメージによるしみやそばかすを抑える効果のある成分

として表記していいと厚生労働省から認可を受けている成分になります。

20種類以上の成分が「美白有効成分」として認可されています。 

美白有効成分ごとに、効果の特徴があるので自分に必要な成分を探すことが大切です

ここからは、美容有効成分の効果・種類それぞれの具体的な効果についてお話していきます。

美白有効成分の効果

美白有効成分の効果は、

メラニンの生成を抑えるもの、メラニンを還元するもの、メラニンを排出するもの

この3つの種類に分けられます。

メラニンの生成を抑える

日焼けや摩擦・肌のターンオーバーの乱れによって肌にメラニンが蓄積すると、しみやそばかすとして表皮に現れます。

このメラニンは通常であれば肌のターンオーバーによって自然に排出されていきます。

でも、毎日の日焼けによる肌ダメージの蓄積や、生活習慣の乱れからくる肌のターンオーバーがうまく行われないことで

肌にメラミン色素が蓄積し、しみやそばかすとして出てきてしまいます。

メラニンの生成を抑えてくれる美白有効成分があります。

メラニンを還元する

メラニンの還元とは、すでにできているシミを薄くするということです。

しみが全くなかったようになる、とまではなりませんが、今あるしみをこれ以上濃くさせないためのケアと考えてもらうといいかもしれません。

メラミンを還元させる作用は、しみそばかすを予防する効果もあります。

メラニンを排出する

メラミンを排出させるには、肌が上手にターンオーバーできるようにする必要があります。

メラニンはターンオーバーによって角質と一緒に排出されますが、

生活環境や、ストレスなどによってターンオーバーが乱れると、メラニンが排出されずどんどん蓄積し肌にしみとして現れます。

このターンオーバーがうまく行われるのを助ける美容成分ということです。

では、美白成分ごとに効果を見ていきましょう!

主な美白有効成分の種類

美白成分は20種類以上ありますが、化粧品によく配合されている8つ美白有効成分をご紹介します。

ビタミンC誘導体

プラセンタエキス

トラネキサム酸

アルブチン

コウジ酸

4MSK

カモミラET

ハイドロキノン


ビタミンC誘導体

ビタミン

ビタミンCは本来壊れやすく不安定な成分です。

そこで、成分を安定させ、肌への浸透力をあげたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体はメラニンの生成(シミの発生)を抑えるだけでなく、

新陳代謝を促進しメラニンを溜めこまず還元・淡色化、排出してくれる効果があります。

 また、コラーゲンの生成を促進するのでしわの目立たないハリのある肌に導いてくれます。

このように保湿・美白・エイジングケアなど、様々な効果が認められています。 

配合しているオススメアイテム

ETVOS(エトヴォス) 化粧水 モイスチャライジングローション

乾燥肌、敏感肌のかたにオススメで、肌のきめを整えてくれる商品です!

とろみがあり滑らかなテクスチャーで、角層までしっかり浸透してくれます。

保湿成分もたくさん配合されていて保湿力抜群ですが、べたつかずとても使いやすい化粧水です。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX

4種類のビタミンC導入体が入っていて、美容液に近い化粧水です

潤いたっぷりのハリのあるなめらかな肌に整えてくれます。


プラセンタエキス

プラセンタとは、日本語で「胎盤」のこと。

化粧品に含まれるプラセンタエキスは、豚・馬といった哺乳類の胎盤や、魚・植物から抽出した美白成分のことです。

馬や豚と聞いて驚いた方もいるかもしれませんが、馬や豚のプラセンタは人と相性がいいプラセンタを持っているそう。

プラセンタには10種類以上のアミノ酸や、ビタミン、酵素、ミネラルなど豊富な栄養が含まれており、乾燥・肌荒れ・エイジングケアといった肌の悩みにも効果があると言われています。

またこれらの美容成分によってメラニン生成を抑えるシミ予防や、皮膚の代謝を促しシミの排出といった効果も期待されています。

ただ、プラセンタの濃度が高いほど、防腐剤や添加物が使われることも多いので、

敏感肌の方や肌の弱い方は添加物の入っていない物を選んだり、購入した際はいきなり顔に付けずにパッチテストを行うようにしてくださいね!

配合しているおすすめアイテム

ROZEBE プラセンタリッチローション(しっとり)(さっぱり)

ロゼべは肌の負担になる成分をカットしており、美容成分が97%配合されています。

プラセンタだけでなく、グリチルリチン酸K2を配合しておりニキビなどの肌荒れにも効果アリの化粧水なんです!

しっとりタイプは乾燥肌の方におすすめで、さっぱりタイプでも重ねるとお肌がしっとりするのしっかり保湿ができてどちらもおすすめです!



トラネキサム酸

 トラネキサム酸は、必須アミノ酸リシンをもとに作られた人工アミノ酸の一種で

メラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑制し、肝斑などシミの予防や改善に効果があるとされています。 

その他にも、ニキビや吹き出物といった肌トラブルの症状を和らげる効果もあります。

トラネキサム酸はシミ・肝斑の改善にかなり有効なため、皮膚科で内服薬として処方されることもある美白有効成分です。

配合しているおすすめアイテム

KOSE 米肌白潤美白エッセンス

米肌美白エッセンスは、トラネキサム酸だけでなく

名前にもあるようにお米から抽出したエキスを発酵熟成したライスパワーが配合されています。

ライスパワーは美白効果と美白効果を高める効果があり、

しっとりうるおいべたつかず、肌に弾力を与え、透明感のある肌にしてくれます。

美人ぬか 純米美白化粧水

トラネキサム酸の配合はもちろん、コウノトリ米ぬかエキスや米ぬかセラミド、といった米ぬかの成分も配合しているので、

しっとりうるおう肌にしてくれます。

アルブチン

 コケモモやウワウルシなどの植物にも含有の成分です。

メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、

過剰なメラニンの生成を抑制します。 シミ・そばかすを防ぐ効果が期待されています。 紫外線を浴びてしまった後でも、メラニンが黒くなる前であれば、美白効果があると言われています。 


コケモモラフランスなどの植物が原料。メラニン生成を抑え新たなシミを予防します。

皮膚科の美白剤「ハイドロキノン」を改良しているため、別名ハイドロキノン誘導体とも。ハイドロキノンより美白効果は落ちるものの低刺激性です。

配合しているおすすめアイテム

ちふれ化粧品 美白化粧水W

美白成分アルブチンと、ビタミンC誘導体が配合されているので、

メラニンの生成によるシミ・ソバカスの生成を防いでくれます!

ヒアルロン酸や、トレハロースといった保湿成分も配合しているので、べたつかず、さっぱりみずみずしい肌にととのえてくれます。

コウジ酸

 コウジ酸とは、麹から発見された天然由来の美白有効成分です。

肌に浸透しやすい分子構造で、シミの根源となる細胞に直接働きかけるため、高い美白効果が期待できます。

コウジ酸には、シミやそばかすの原因となるメラニンを生成する酵素「チロシナーゼ」の活性を抑制する効果があります。

また、シワやたるみや炎症を抑える作用もあると言われています。

配合しているおすすめアイテム

ONE BY KOSÉ メラノショット ホワイト D

メラノショット ホワイトD

コウジ酸の特徴である、シミをつくるメラノサイトに直に効き、「シミのもとを無色化」

シミソバカスを防ぎ、明るい肌に導く美白美容液です。

使用感はみずみずしく、肌にすぐに浸透してくれ、しっとりツヤ感ある肌になりました。


4MSK

4MSKは、化粧品メーカー資生堂が開発した美白成分で、メラニン生成を促すチロシナーゼの活性を抑えてシミの発生を防ぎます。

また、メラニンを排出を促すため、今あるシミを還元する効果もあるとされています。

配合しているおすすめアイテム

AQUALABEL(アクアレーベル) スペシャルジェルクリームA(ホワイト)オールインワン

スペシャルジェルクリームAは、美白有効成分4MSKをはじめとする、チャージアミノ酸WH、Wヒアルロン酸、コラーゲンGL、紅茶エキスといった有効成分がたくさん配合されています。

しっとりといたテクスチャでうるおいを閉じ込め、乾燥から肌を守り、もっちりハリのある肌に導いてくれます。


カモミラET

カモミール

化粧品メーカー花王が開発した、カモミールの花が原料の美白成分。メラニンを作る細胞「メラノサイト」の働きを抑制した新たなシミを予防します。

またカモミールには抗炎症作用や収れん作用があり、ニキビ・肌荒れ対策にもよく使われていますよ。


ハイドロキノン

ハイドロキノンとは、シミ治療にも使われる美白剤で

正式には美白有効成分と認められていませんが、

メラニンの色を薄くする(還元)働きとメラニン生成を抑制する働きがあり、シミやそばかすにも効果があるとされています。

ハイドロキノンは効果が強い分、刺激も強いので、肌荒れのような副作用をもたらす可能性があります。

ですから、使用する際にはパッチテストを行うことをお勧めします。

配合しているおすすめアイテム

b.glen(ビーグレン) QuSomeホワイトクリーム

QuSomeとは、肌のバリア機能で本来浸透しにくい成分を、皮脂に似た成分で覆い人の皮膚と馴染みやすくさせ角層のすみずみまで浸透させる、ビーグレン独自の技術です。

この技術には、成分の安定性を高める効果もあります。

また、ハイドロキノンの効果をサポートするβホワイト、TGP2、ヘキシル3グリセリルアスコルビン酸も配合しています。

敏感肌のひとでも、使いやすい美容液になっています。

まとめ 美白有効成分を使うにあたって

美白有効成分の入っている化粧品を使うにあたってコツが3つあります

美白成分は複数とりいれる

選んだ美白成分との自分の肌の効果は2~3ヵ月使い続けてみないとわかりません。

はやくお肌の美白効果を得るためにおすすめなのが、

複数の美白成分をスキンケアにとり入れること!

  • 化粧水=ビタミンC誘導体配合のもの
  • 乳液=アルブチン配合のもの
  • 美容液=コウジ酸配合のもの

というようにバランスよく、様々な美白成分を取り入れてみてください。


正しくやさしい肌ケア

こする洗顔や、化粧水を強くパッティングしてしまうと、肌に負担がかかりメラニンが発生しやすくなるのでやめましょう。

  • 擦らないようにメイクオフ
  • たっぷり泡立ててこすらない洗顔
  • 化粧水や乳液はケチらずしっかり

とにかくお肌に負担をかけず、優しく触れるスキンケアを心掛けましょう!

その他スキンケアについてはこちらで紹介しています!


UVケア

せっかく美白化粧品を使っていても、紫外線を浴びてシミを増やしてしまっては元も子もありません。

予防のためにも365日UVケアを行うようにしたいですね。

紫外線・UVケアについての詳しい説明は、こちらの別記事が参考になります。

ここで紹介したものはどれもお勧めです。

たくさん試して、ぜひ自分にあった化粧水を見つけてくださいね!!

タイトルとURLをコピーしました