日焼け止めのSPF・PAって?正しいUVケアについて

UVケア ヘルスケア
UVケア

日焼け止めのあの表記

日焼け止めを買うときに、

 SPFが高くて、+がたくさんついている製品がいい。 

というのは知っている人が多いと思いますが、

SPFが何の値を表しているのか、PAの+とはどういう意味なのか、まで理解している人はかなり少ないと思います。

ということで、ここでは、SPFとPAについて解説していきたいと思います。

SPFとPAの違い

日焼け止めで防げる紫外線にはUV‐AとUV-Bがあります。

紫外線A波(UV-A)は肌のにダメージを与えてシワや肌のツヤ・ハリ不足の原因とます。

紫外線B波(UV-B)は肌の表面にダメージを与えてシミを作る原因となります。

これを防いでくれるのがSPF、PAです。

SPFとは

SPFは、「Sun Protection Factor」の略。

紫外線B波(UV-B)の防止効果を示す数値のこと。

数値が高くなるほど、UV-Bによる肌の赤み(日焼け)を防止できる時間の長さを示します。

SPFの数値に20分をかけると、具体的な時間を算出できます。

例えば、SPF30なら20分×30で、600分効果があるとされています。

日焼け止めは汗などで流れてしまうので、気づいたときにこまめに塗りなおすことが大切です!

PAとは

PAは、「Protection Grade of UVA」の略。

肌の奥へと侵入してシワや肌のツヤ・ハリ不足の原因となるUV-Aから肌を守る効果の高さを示しています。

PAは、+の数で効果を表します。+が4に近いほどUV-Aへの防止効果が高くなります。

日焼け止めの選び方

「SPFやPAの値は高いほどいい!」というイメージを持っている方も多いと思いますが、

紫外線への防止効果が高いほど、どうしても肌への負担も増えてしまいます。

日焼け止めは、使うシーンに合わせて適切なSPF・PA値を選ぶことが大切です。

  • SPF10~20・PA+~++:洗濯などの家事や短時間の買い物などの日常生活
  • SPF20〜30・PA++~+++:屋外での短時間の運動など
  • SPF30~50+・PA++++:海や登山といった長時間の運動、真夏のスポーツなど

これを参考に

自分の生活に合った日焼け止めを選ぶようにしましょう。

紫外線をなるべく浴びすぎないようにしよう

太陽の光には、殺菌効果や、体内のコレステロールを骨や歯を作るビタミンDに変える効果や、日の光によって体内時計が調整される、といった良い効果もありますが

直射日光に長い時間肌をさらすことで、紫外線によって皮膚のコラーゲンが破壊され、しみやしわといった肌の老化の原因になるという「光老化」につながってしまいます。

さらに1年の中では日差しが気になる夏だけでなく、1年中、特に紫外線の多いとされる正午の外出の際には、直射日光には気を付けて生活しましょう。

長時間外出し日光を浴びる場合は、日焼け止めだけでなくや日傘、帽子などで日焼けを防ぎましょう。

自分の生活に合ったSPF.PAの日焼け止めを使って美肌を目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました