【投資を始める人向け】株式と債券の違いって?

株式と債券の違い お金
株式と債券の違い

投資をはじめる際に、

「株式」と「債券」にうまく分散して投資をしましょう!

という話を聞くと思います。

株式と債券の違いは何なのか、私は投資をはじめるまで全く分かりませんでした。

この違いが分かると自分の将来設計に合った投資についても考えやすくなりますので、この記事を参考に投資方針を考えてみてください!

株式とは

株式とは、企業が事業を行なうための元手となる資金を集める方法のひとつです。

企業が資金を集める主な手段は

  • 銀行から借りる
  • 株式を発行する(出資してもらう)
  • 社債を発行する(投資家に借りる)

この3つです。

企業が事業を行なうために必要な資金を集めるために、発行する証券が株式というわけです。

企業に対して出資(株式を購入)した人は、株主となります。

株主は企業の所有者のひとりとして、さまざまな権利を得られます。例えば、購入した株式の割合に応じて会社の経営への参加(株主総会に参加)ができます。

株式は、銀行借入や社債を発行して得た資金とは違い、会社に返済の義務はありません。

出資した人(株主)は株式を売らないかぎり、お金が返ってこないということです。

株式で儲ける仕組み

株式は、3つの方法で利益を得ることができます。

  • 株の値上がり益
  • 配当
  • 株主優待

ここからはこの3つの方法について説明していきます。

1.株の値上がりで利益を得る

自分が株式を購入した時点よりも株式の価値が上がったときには、その株式を売却すると値上がり分の利益を得ることができます。

ちなみに、株を短期間で売り買いする方法は「投機」と呼ばれます。

株価(株式の値段)が変化するのはなぜでしょうか?

一番の理由は、株価は企業の業績に左右されるからです。

業績が上がるとその企業に関連する配当のリターンが増える可能性が高まり、株式としての人気が集まり株価が上昇しますし、

業績が下がると、その企業に関連する配当などのリターンが下がる可能性が高まり、魅力度が下がるので株価が下落します。

もちろん、業績以外に景気の状況などにも株価は左右していきますが、

全ての株式の価格の上下は「買いたい人が多い(株価上昇)か、売りたい人が多い(株価下落)か」によって決まるということです。

2.配当で利益を得る

株主になると、持ち株数に応じた会社の利益の還元「配当(インカムゲイン)」を受けることができます。

利益配当請求権という権利として利益の一部を受け取れるのです。

また、会社の業績によって配当金の有無・増減が変わってきます。

注意しておきたいのが、会社によっては利益があっても配当金を支払わない場合があるということです。(逆に、利益が減っていても配当がもらえるケースもあります)

なので、配当で利益を得たい方は配当があるのかどうかを調べるようにしましょう。

配当は年1回か、年2回で支払われることが一般的です。これについても会社によりけりなので株式を購入する場合は、自分の投資方法に合う株式を選ぶようにしましょう。

3.株主優待で利益を得る

株主優待は、配当と同じく株主の持ち株数に応じて会社の利益が還元される制度の一つです

例えば、食品・飲料メーカーならその製品、レストランなら食事券のように、会社の製品やカタログギフト、商品券・割引券がもらえるということです。

株主優待を行っていない会社もありますし、株主優待が使えるお店が近くにない場合は株主優待という制度があっても使えず無駄になることもあります。

ですので、よく行くお店の株主になって株主優待でお得に利用する、という株式の買い方もあります。

株主優待を行っている会社はどこか、どんな優待があるのかは証券会社のホームページで調べることができます。

受け取るための注意事項

株式で利益を得る方法のうち

配当・株主優待を得るためには、権利確定日(会社の決済日)の2営業日前までに株を購入し、株主になる必要があります。(2019年7月から権利確定日が2営業日前になりました。)

権利確定日と権利落ち日
権利付き最終日の考え方。権利確定日

権利確定日の2営業日前を権利付き最終日と言いますが、権利付き最終日に株を買って翌日に株を売却しても、配当や株主優待がもらえます。

この権利付き最終日頃は、配当・株主優待を狙って株価が高くなることが多いです。

同じように、権利確定後は株を売却する人が一定数居るので、株価が下がり売却で損してしまうこともありますので注意が必要です。

債券とは

債券は、国や地方公共団体、企業などが投資家から資金を借りるための手段のひとつです。

発行体はその見返りとして、満期までの期間、決められた利子の支払いを行います。

債券の価格は、発行体の信用度や満期までの期間などによって変動します。

債券には満期が定められているので、満期になると最初に投資した債券の額面金額とその利子のお金が投資家にかえってきます。

もちろん、満期になる前に債券を売却してお金に換えることもできますが、債券の時価は変動しているのでこの場合は元本は保障されません。

つまり、私たち投資家は債券を買う(お金を貸す)代わりに利子をもらえるというわけです。

なので、債券は一般的に株式や投資信託などに比べると安全性が高いと言われるのです。

社債には一般社債のほかにも、

担保付社債という、社債を発行する会社の保有する財産に担保が設定されているので一般社債よりもリスクが少ない社債や、

劣後債という、利率は高いが、債務不履行の時に元本と利子が支払われる優先度が低い債券もあります。

債券で利益を得るには

債券の時価も、株式と同じように変動します。

経営悪化や破綻で、債券の元本を返してもらえなかったり(債務不履行)、利息の支払いが滞納することもあります。

償還日(満期)まで保有していれば安全性が高いのに対して、

償還日前に売却すれば元本割れのリスクがあるのもまた事実です。

なので、発行体が安全かどうかを信頼格付などでよく確認すること、満期までなるべく持ち続けることが、債券で利益を得る上で大切です。

なぜ株式と債券に分散するべきなの?

金利が上昇したときに株式は値上がりし、債券は値下がりします。


全ての経済情勢において絶対にそうなるとは言えませんが、株式と債券の値動きは、基本的にの動きをします。

金利が上昇する、つまり景気が良くなると株価が上がるので値上がり、景気が悪くなれば株価は下落します。

金利が上昇すると、債券価格は下落し、金利が下落すると債券価格は上昇します。

例えば3%の金利で債券を購入して、

5%の金利の時に売却すると、3%の金利の債券は5%の金利の債券よりも価値が下がってしまうので、債券価格が下がりします。

2%の金利の時に売却すると、3%の金利の債券は2%の金利の債券より価値が上がるので債券価格が上がります。

このように、基本的には株式と債券が逆の動きをするので、どちらか一方に損失があったとしても、もう片方でカバーしやすいということなんです。

まとめ

株式と債券にはさまざまな特徴がありました。

ハイリスクハイリターンの投資がしたい、ローリスクの投資がしたい、長期的に投資がしたい

自分に合った投資を探すうえで 株式と債券 にうまく分散することが大切です。

「卵は一つのかごに盛るな」ということですね!

ぜひこの違いを参考に投資をしてください!

タイトルとURLをコピーしました